小 熊 座 2024  高野ムツオ  (小熊座掲載中)
TOPへ戻る  INDEXへ戻る




     2024年 6月   虎落笛    高 野 ムツオ


    福笑い大きな影がうしろより

    プレート上双六の賽転げても


      
能登半島地震七句

    年首畏し能登に地震ふる津波来る

    潰れたる家に雪暗のしかかる

    雪起し死者も起して戻すべし

    堰切つて雪降り出せり能登国

    寄せ来ては藻掻き悶える波の花

    虎落笛魂振りせんと海へ出る


    地吹雪や能登の声なき慟哭か


    波立てて傾く海や夜の蜜柑

    わが外套今も津波が膨れ出る

    白狼に続く百狼その残像

    一羽ごと日輪蔵し寒雀

    寒雀膨みたるは羽毛のみ

    我らには国などなしと寒雀

    雀には雀の喪あり寒日和

    寒鴉眼ひらけば飢餓少女

    糞掃衣曳いて車道へ寒鴉

    寒濤を潜る鳰の目忘れるな




     2024年 5月   桃の木    高 野 ムツオ


    餡パンに臍の緒はなし雪の暮

    抱くならば原子炉にせよ雪女郎

    雪嶺に超特急が停車する

    雪嶺へ桃の木全裸もて応ず

    雪の富士よりも老母の握り飯

    溶岩が出る五体欲し雪催

    桃の木と墓と冬日に混浴中

    冬星座回れる音に耳澄ます

    白鳥と芥寄り添い年惜しむ

    白鳥の声映るまで眼鏡拭く




     2024年 4月   干 柿    高 野 ムツオ


    団子虫冬日塗れの土塗れ

    団子虫龍の玉より丸かりき

    団子虫団子をやめて冬日へと

    糈米(くましね)も霜を被りて道祖神

    干柿の甘さ此の世になき甘さ

    干柿は祖母の垂乳や食いちぎる

    動輪が回る冬日の力もて

    痩せ畑に凍る山影荒凡夫

    初雪や老斑にまず二三片

    珈琲を挽けば零れるように雪



     2024年 3月   山 襞    高 野 ムツオ


    目が疼く桜紅葉を踏みしゆえ

    冬蝗触角のみで生きている

    血族は絶え涸川の音残る

    忘年の波音ついに炎なす

    年守る燈北上川を氷らせて

    きらきらと川歳晩を歌い出す

    垂乳根の御慶金泥塗るごとし

    山襞を風渡り来る福笑い

    草石蚕に海の暮色がのりうつる



     2024年 2月   氷 る    高 野 ムツオ


    年を守る燃料デブリ玉と抱き

    初日受く津波襲来沃野の隅

    原子炉の垂氷初日が潤み出す

    塹壕に微睡む兵士嫁が君

    空飛べず毛布も被る幼子も

    似て非なり瓦礫煉瓦と寒の餅

    雪片の空爆なれば口を開け

    小正月水蠆も蛟龍も来て遊べ

    金屏に悴みてなお荒蝦夷

    国家とは人家にあらず氷るなり



     2024年 1月   穭 穂    高 野 ムツオ


    雲に乗りたしと穭穂震えおり

    蓑虫の声蓑虫が消えてより

    毛糸玉蟇の寝息がする方へ

    寸秒に長短のあり初時雨

    黄落を詰めるトランクないものか

      
城之内ミサ
    冬の星叩き擦りて弾き吹く

    凝り過ぎの首を回せば寒の星

      
吉増剛造展
    詩狼疾駆す言葉を砕き言葉生み

    歳晩へ鳶も雀も鴉らも



   
パソコン上表記出来ない文字は書き換えています
  copyright(C) kogumaza All rights reserved